买一套棋牌app需要多少 | English | 企業郵箱

國際:日本齒輪協會發布的年度行業報告摘要

2012-11-12 | 瀏覽量: 1049 买一套棋牌app需要多少
文章標簽:

买一套棋牌app需要多少 www.jbqtck.com.cn 譯文:洪水地震日本東大寺3.11,泰國,發行歐洲債務?;奈侍?,如超強日元的歷史原因,更多的次級抵押貸款,和雷曼兄弟(Lehman Brothers)的倒閉,在2011財年中,他嘗到了前所未有的痛苦,在過去的這是當經濟開始轉向的影響在2008年秋天雷曼兄弟(Lehman Brothers)的倒閉年,這是一個逐步復蘇的趨勢。
   政府的各項經濟措施,如小型企業,但采取了一些措施,形勢依然嚴峻,日本的經濟復蘇,不確定性不擦。
   另一方面,腳像一個堅實以下的生產統計數據的情況下,我們在行業內的影響,在未來很擔心被格局的影響較小。

歷年的1月至2011年12月生產的,我們協會會員的統計,單一的齒輪,外齒輪及齒輪產品(105.4%,較上年)2956日元億美元。 (109.9%,較上年)¥100.4億美元,與單一的齒輪傳動裝置轉向增加(106.5%,較上年)2705日元億美元的總和。
   在汽車行業中的工業機械用于建筑機械¥23.3十億目的地的需求,在1的位置(129.0%年 - 上 - 年)¥1,395十億,第二個地方(107.1%年 - 上 - 年)分¥48.5億,在3的位置( 152.5%的年 - 上 - 年),在4位89.6%,今年的上,今年(美元15.1十億),5 - 位上149.0%,今年的上,今年(美元10.5十億),在6位56只向著設備和信息設備·OA家電旨在為機床農業機械除下(64.9%,較上年),^的方向信息設備農業機械和設備,消費類電子產品·OA億日元從上一年度所有行業的復蘇。

另外,看趨勢相關生產齒輪日歷2011年由財政部以及按月貿易統計的經濟,貿易和工業機械部
,它是如下。
   *生產
性能歷年從今年1月至12月,一個總的傳動裝置和齒輪就有3,497十億日元和112.6%,較上年
我更比前一年。
*出口
的2011年日歷年的出口表現,單一的齒輪和負債的總和(108.4%,較上一年)1517日元億美元。牙齒
其次是汽車,僅中國,美國和印度尼西亞是^大的出口國。在中國的資產負債
這是^大的出口國,其次是美國和德國。
*進口
2011年日歷年度的實際進口的,齒輪和齒輪的總和是4410億日元(126.5%,比上一年)。
   作為一個整體,從中國進口的比例一直在增加。

進行了2011年在日本齒輪制造商協會的主要業務活動概述如下。

一。規范化,標準化活動
   完成了“抗彎強度錐齒輪的計算公式為:(名譽教授,東京技術研究所輝林董事長)齒輪JGMA標準委員會的標準JGMA。通訊朝著建立“評價的齒輪測量機 - 第1部分”監委會和JSA JIS標準的審議工作:(巖田晃教授藤攝南由主席)小組委員會第一屆委員會ISO / JIS 。 JIS草案的每一個“間距測量設備使用標準球第4部分評價方法的齒輪測量機,”,以及“測量使用一個平面參考第3部分評價齒輪測量機”的一組測量齒輪的齒我完成創建。小組委員會第二委員會(ISO / JIS主席:教授,京都大學研究生院一郎森脅研究所)JIS B0121:99 - JIS起草活動有關修訂現有標準JIS符號“的齒輪符號的幾何數據”完成。

修訂和建立了企業標準和齒輪制造商協會1.1(JGMA)
計劃進行,正在進行的標準化活動的標準和我們的JGMA是一個偉大的社會使命。
    標準委員會的齒輪已被修改為落實2009年4月“中期行動計劃,制定標準?!?JGMA的“錐齒輪的抗彎強度計算公式”,建立完整的標準作為標準JGMA到2012財年。
    工作活動輝林東京工業大學名譽教授在標準齒輪董事長JGMA中心。

考試的制定,修訂1.2日本工業標準(JIS),起草
    “校準方法研究的基礎上的原型和原型齒輪測量機校準”
    “起草委員會JIS”第一委員會小組委員會1)ISO / JIS
向JIS,ISO 18653,第一小組委員會ISO / JIS委員會“的評價的方法JIS起草齒輪測量機,齒輪測量機評測 - 第1部分:標準儀器的齒輪我已經完成了草案中的“如何使用JIS。在2011財年被確立為標準JIS B1751-1(2011)通過日本工業標準委員會(監委會)的審議。
    集團齒輪測量2)
     還完成草案“JIS齒輪測量機的驗收檢驗和定期檢驗①,在2009財年的研究,先進工業科學和技術(AIST)
         結果被提交到的地方,這是在建立一個標準的過程中,監委會從該研究所。
     設備使用標準的領域 - 第4部分:齒輪測量機③評價“已完成起草的JIS的: - ”使用平面參考第3部分評估測量齒齒輪測量機“②已完成起草JIS測量“間距。
    “起草委員會JIS”小組委員會第二委員會3)ISO / JIS
我們已經提交的草案f日本標準協會平成24月底蓄意修訂以下標準委員會對審查現有的JIS標準,完成了草案標準JIS。
未來,預計修改為JIS標準,通過了日本工業標準委員會的審議。
               符號和齒輪JIS B 0121 - 符號的幾何數據
       

對“國際標準(齒輪)ISO/TC60國際標準化1.3
    工業科學和技術政策和環境局部的經濟,貿易和工業的^機構,行業協會齒輪的日本代表,經修訂的委托,建立與國際接軌的齒輪被分派到相關的國際會議組委會和齒輪。
    將利益誰能夠反映日本的意見,積極參與起草階段,參與的關系,齒輪等齒輪制造商和齒輪的日本,與有關國際標準,日本的國家利益它的目的是為此做出貢獻。
    因此,委員會ISO / JIS(主席:教授,京都大學研究生院一郎森脅研究所)為中心,發送到會議委員會ISO國內和外國^,大學教授,行業,國際標準的制定和修改努力使標準和不參與的國際合作,在審議,損害國家利益

發送一個委員會以下(齒輪)技術委員會ISO/TC60 2011財年的國際會議。
孫3月至30年3月4日,2011年:意大利TC/60/SC2/WG6(齒輪強度計算方法)
                                                  TC/60/SC2/WG15(微點)
(強度和質量的物質)比利時TC60/SC2/WG14:周日4月06,2011 - 10
三至七天于2011年4月:​​德國TC/60/SC2/WG13(傘齒輪)
5月15日至2011年5月19號:法國TC60/WG2(精密齒輪)
到6天11月1日:TC/60/SC2/WG6美國(齒輪強度計算方法)
                                                  TC/60/SC2/WG15全體會議(微點)TC60
(強度和質量的材料)法國TC60/SC2/WG14:“04至12十一月30,2011
21年2月25日,2012年:美國TC/60/SC2/WG13(傘齒輪)
(標準蝸輪)TC60/SC1/WG7(精密齒輪)德國TC60/WG2:2012年3月26日至28日

模壓塑料齒輪組1.4
許多人認為是用來成型塑料齒輪在汽車行業,電子機械,如家電,并要求標準的制定。正式標準塑料成型幾乎是不存在的,但有需要進行標準化。 “模壓塑料齒輪集團”在我們協會在2008年成立(森脅一郎,學校,京都工藝纖維大學講座教授),協會精密工程的人,是活躍在這一領域從過去的合作,“在完成“塑料圓柱齒輪的抗彎強度評價方法的制定JIS JIS標準的起草工作。
2。在該領域的全球活動
  2.1實施海外訪問
    鑒于東日本大地震發生的3月11日,突然,調度實施外國代表團的第11屆首腦會議齒輪被推遲。這個時候,只有兩個人參加了會議,副主席兼董事總經理尾上奧哈拉。

3。加強管理,基礎設施建設項目,開發人力資源
在加強管理培訓,舉辦了兩次大久保齒輪工業有限公司全面管理,在角齒寶有限公司。我一直在支持先進的商業技術基礎設施的戰略基礎設施項目的支持力度,參加者。從2011財年中,人力資源的發展將接管“課程齒輪制造”九州大學人力資源開發項目,我們進行了開放大學齒輪JGMA“精品課程”。此外,我們還進行了支持該協會的會員企業參與的“基礎課齒輪技術”每所大學的教師。

工業齒輪3.1的合理管理的研究和相關研究
  研討會和各種活動,以改進案件管理工作中的好公司3.1.1車間內進行,
執行講座
一個“車間管理”在周圍的當然在每個區中西部日本舉行的舉行,已進行了兩次演講,車間的改進活動,活動減少教育成本,人力資源開發和人力資源,企業管理等的例子。


第13次會議管理培訓
     13:30至18:00(星期五)十月14,2011日期:
     地點:大久保齒輪工業有限公司(神奈川縣)
     加強活動①組合的成本競爭力主題:
         主講人:特彌新村(行政總裁發展大久保齒輪實業有限公司)
     產品名稱:52名

第14屆會議管理培訓
     周五,13:45至18:40,2012年2月10日日期:
     角齒輪寶有限公司所在地:
     介紹:瑪索偏置?。ń淺萋稚募際蹙鞹akara公司,有限公司)
     “雖然日本制造”主題
     產品名稱:58位受試者

繼續實施該項目的實施和調查技術的絕殺3.2
3.2.1支持的核心人力資源開發項目
通過編制一項為期三年的試用期,“制造工程教育研究中心”是“以實現自力更生4月1日,2008年在日本九州大學人力資源開發的核心課程”開始生產。的藝術,在使用過程中“齒輪制造”的,結果得到了一些人力資源管理人員從每家公司的未來發展了。接管的過程中這九州大學課程“齒輪制造”在我們協會從2011財年,我們進行了學院開JGMA齒輪。

3.2.2實施該項目的技術傳統
    在齒輪制造領域需要高度的技巧,已變得很困難,傳統在交棒的人口老齡化問題和相關的繼任者。我們要支持的每個分支的活動為目的的教育和傳統齒輪的基本技術與課程設置。

3.3技術研討會
    為了教育和培訓的中級技術人員,大學教授和日本機械工程師學會共同主辦,摘要沿著目標,“舉行齒輪技術基礎課程”工作坊講師。

“基礎課程齒輪技術”齒輪技術研討會2010財年
           活動日期:11月17,2011 18(四),(五)
          日本東京工業大學科技校園Suzukakedai Suzukake廳會議室位置:
          六,其他三位老師愛久保帶人講師博士:
          (從行業協會會員企業的34名)和46名:

展覽會舉行3.4
    3日(星期五)舉行,2011年在東京Big Sight(公司)的主持下,日本協會齒輪功率的發射機西庸EXPO2011 22日(星期三) - 7月20,2011?;嵩逼笠倒?2家公司展示

努力支持復雜的業務基礎設施的技術戰略3.5
    為了以提高的技術能力的小企業支持的競爭力的產業重要的繼續,以帶動我國的經濟是負責基礎設施,“制造業”,該部的經濟,貿易和工業和在新的國際競爭力的制造業在日本旨在創建企業,促進發展的創新性和高風險的研究和技術的制造基地的小型和中小型企業的進步做出貢獻。它是一個工業齒輪的日本,以獲得趕超的歐洲金磚四國^需要的是到提高的技術能力,從協會齒輪藝術促進積極參與和建議與技術“電力傳輸的新技術的發展”,采用我繼續,這將是活動的支持。

4。鈾濃縮活動秘書處協會
您可以加快提供的信息,我們協會成員的一項調查顯示,工業生產統計年全年與上年相比,現在能夠。在與其他機構的合作,我們已經做了,支持分支活動,如座談會共同主辦協會和友好的交談齒輪中間齒輪。此外,努力降低成本,在經濟增長放緩。

加強生產統計齒輪行業協會會員企業4.1
   連續進行了探討不同的齒輪相關產品的需求和生產的發展趨勢,在會員企業了解在齒輪行業的發展趨勢,旨在幫助加快提供的信息,作為企業的經營數據分析。

4.2工具的有效使用
   針對在增強網站開通行業協會的英文版本,可擴展到創建一個系統,可以與業務,增加來自國內外的訪問的成員公司從國外。這樣的公關活動,如經營和行業協會的統計數據交換,快速在網站上,可以共同取得的成就,并加強利用互聯網。

加強內容的雙月刊4.3
我們繼續發布“JGMA新聞”雜志振興成員和外界人士的教育機構和大學的信息傳播。精心設計,提升了文件,形成一個功能有時,2011財年頒布一年四次。

5。其他
  5.1支持分支活動,減少間接費用
   為了向連​​接的激活了整個行業,以及社區活動,如會議的友好的交談在各地區積極活動,參加的活動熟悉建立一個合作關系的信息交流,活動的章節后,活動和各分支協會齒輪幫助。
另外,我作出了努力,以減少開支。

舉辦​​了演講會友好的交談中間齒輪
     周五,下午14:30至2011年7月19日15點50日期:
     位置:工業研究所,名古屋(名古屋)
     路線圖“和高頻熱處理”主題的主題:
     弘嵜川師射頻熱冶煉技術有限公司,有限公司董事總經理:講師
     產品名稱:34名

協會共同主辦的研討會齒輪中間齒輪友好的交談
     星期二,9:50至16:10,2011年2月8日日期:
     名古屋工業大學的工業區位:
     教師和其他三人捷夫Tsurumoto東北學院大學的名譽教授講師:
     “齒輪技術的發展趨勢導致的明天”的主題:
     參加者:55(參加由該協會成員為29人)
內容:
東北大學的名譽教授博士捷夫Tsurumoto發展和現狀的磁力齒輪1
森喜朗中川先生Jatoko發展有限公司,公司的新的CVT變速器與兩個子
本田R&D有限公司,勉棚橋先生開發的DLC涂層的F-1汽車變速箱齒輪
三菱重工業株式會社先生筌吉語言發展的內部齒輪磨床批量生產
此外,它需要擴大其成員JGMA增強協會的活動,擴大的招聘積極的汽車行業,如工程機械為成員的擴大,兩家公司加入另一方面,兩家公司已經取消訂閱。
5.2增強的各種團體保險
為了充分利用有效更“群體的生活保險”和“保險PL組”,制度化的工業藝術委員會在過去,我們給你一個加入的會員企業很可能會繼續計劃相同的人我繼續活動。這些保險,可以享受規模經濟在這樣的價格由每家公司單獨加入,把盡可能多的成員協會。
為了配合過渡到一般社團法人批準5.3
機構改革公益機構的基礎上,2008年12月1日“普通公司法”的頒布。我們的協會正在考慮遷移對研究所的一般(非營利組織)。

原文:過去にサブプライムローン問題、リーマンショックと続き、平成23年度は、3.11東大日本震災、タイの大洪水、歐州の債務危機問題、歴史的超円高問題等が発生し、未曾有の苦悩を味わった年でありました2008年秋のリーマンショックの影響から徐々に景気は回復傾向へと転換し始めた矢先のことでした。
   政府による種々の経済対策、中小企業対策等が講じられましたが、日本の景気回復は、まだまだ厳しい狀況にあり、先行き不透明感が拭えません。
   一方、當工業界では下記生産統計にある様に足元はしっかりした狀況にあり、影響は少なかった模様であったが今後の影響が心配である。 

當工業會會員統計の2011年1月~12月の暦年の生産高は、歯車単體、歯車裝置及び歯車製品外の合計が2,956億円(対前年比105.4%)であった?!n車単體は1,004億円(同比109.9%)、歯車裝置との合計では2,705億円(同比106.5%)と増加に転じた。
   需要先別では、1位が自動車産業向けで1,395億円(対前年比129.0%)、2位が産業機械向けで485億円(同比107.1%)、3位が建設機械向けで233億円(同比152.5%)、4位が農業機械向けで151億円(同比89.6%)、5位が工作機械向けで105億円(同比149.0%)、6位が家電・OA機器・情報機器向けで56億円(同比64.9%)となり、農業機械及び家電・OA機器・情報機器向けを除いて、全産業において前年よりの回復となった。

  また、経済産業省機械統計並びに財務省貿易月報による2011年暦年の歯車関連の生産動向を見る
   と以下のとおりとなっている。
   * 生産高 
  2011年1月~12月暦年の実績は歯車単體及び歯車裝置の合計では対前年比112.6%の3,497億円と
   前年実績を上回った。
* 輸出
   2011年暦年の輸出実績は、歯車単體及び歯車裝置の合計は1,517億円(同比108.4%) であった。 歯
   車単體では米國向けが^大の輸出國となり中國、インドネシアと続いている。、歯車裝置では中國が
   ^大輸出國であり、ドイツ・米國と続いている。
* 輸入
  2011年暦年の輸入実績は、歯車及び歯車裝置の合計が441億円(同比126.5%)であった。
   全體として中國からの輸入比率が増えている。
 
日本歯車工業會で2011年度の活動として実施した主要な事業の概要は以下のとおりである。

1. 規格化、標準化活動
   JGMA歯車規格委員會(委員長:林 輝 東京工業大學名譽教授)では「かさ歯車の曲げ強さ計算式」のJGMA規格を完成させた。ISO/JIS審議委員會第1分科會(委員長:加籐昭悟 摂南大學教授)では「歯車測定機の評価方法 第1部」のJIS規格制定に向けてJSA並びにJISCでの審議に対応した。歯車計測部會では「歯車測定機の評価法 第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定」並びに「歯車測定機の評価方法 第4部:球基準器を用いたピッチ測定」夫々のJIS原案を作成完了した。ISO/JIS審議委員會第2分科會(委員長:森脇一郎 京都工蕓繊維大學大學院教授)はJIS B0121: 99「歯車記號―幾何學データの記號」の現存JIS規格の改定に関するJIS原案作成活動を完了した。

1.1 歯車工業會団體規格(JGMA)の改訂・制定
   規格・標準化活動を計畫的、継続的に実施することは我々JGMAの大きな社會的使命である。
    歯車規格委員會は、2009年4月に修正した「規格作りの中期活動計畫」を実行に移している?!袱禋n車の曲げ強さ計算式」のJGMA規格について完成し、平成24年度にJGMA規格として制定する。
    林輝東工大名譽教授がJGMA歯車規格委員長として中心となりこれらの活動に取り組んだ。

1.2 日本工業規格(JIS)の改定・制定への審査、原案作成
    「歯車測定機の校正原器並びにその原器に基づく校正方法の研究」
    1) ISO/JIS審議委員會第1分科會「JIS原案作成委員會」
ISO 18653のJIS化に向けて、ISO/JIS審議委員會第1分科會に「歯車測定機評価方法 JIS原案作成委員會」を設置し、「歯車測定機評価方法 第1部:歯車基準器を用いる方法」のJIS原案を完成した?!∑匠?3年度中にはJISC(日本工業標準調査會)の審議を経てJIS B1751-1(2011) 規格として制定した。
    2) 歯車計測部會
     ① 歯車測定機の受入検査及び定期検査」JIS原案も完成し、平成21年度に(獨)産業技術総合研究
         所へ提出した果、同研究所からJISCへ規格制定への手続き中である。
     ② 「歯車測定機の評価法-第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定」のJIS原案作成を完成させた      ③ 「歯車測定機の評価法―第4部:球基準器を用いたピッチ測定」のJIS原案作成を完成させた。
    3)ISO/JIS審議委員會第2分科會「JIS原案作成委員會」
   現存のJIS規格見直しに向けて同委員會で下記規格の改定審議を行い、JIS規格原案を作成完了し      平成24年2月末に(財)日本規格協會ヘ同原案を提出した。
   今後、日本工業標準調査會の審議を経てJIS規格として改定される予定である。
               ・JIS B 0121 歯車記號‐幾何學的データの記號
      

1.3 國際標準化「ISO/TC60(歯車)國際規格」への対応
    歯車及び歯車裝置関係の國際規格の制定・改正にあたっては、當歯車工業會が日本を代表する^の機関として経済産業省産業技術環境局より委託を受け、委員を國際會議に派遣している。
    國際規格に関しては、その原案作成の段階から積極的に參畫し日本の意見を反映することが、日本の歯車製造業者及び歯車使用者等歯車関係に攜わる者にメリットをもたらす事となり、日本の國益に寄與するものである。
    そのため、ISO/JIS審議委員會(委員長:森脇一郎京都工蕓繊維大學大學院教授)が中心となり、大學教授・學識経験者、業界の委員を國內外のISO會議へ派遣し、國際規格制定・改正に関する審議に參畫し、國益を損なうことのない規格作りと國際協調に努めた

2011年度 ISO/TC60(歯車)専門委員會の下記國際會議に委員を派遣した?!?BR>2011年3月30日~4月3日: イタリア TC/60/SC2/WG6(歯車強度計算法) 
                                                  TC/60/SC2/WG15 (マイクロピッチング)
2011年4月6日~10日:    ベルギー TC60/SC2/WG14(材料の強度と品質)
2011年4月3日~7日:        ドイツ     TC/60/SC2/WG13(かさ歯車)
2011年5月15日~19日:     フランス  TC60/WG2(歯車精度)
2011年11月1日~6日: 米國          TC/60/SC2/WG6(歯車強度計算法)
                                                  TC/60/SC2/WG15 (マイクロピッチング)                                                   TC60本會議
2011年11月30日~12月4日: フランスTC60/SC2/WG14(材料の強度と品質)
2012年2月21日~25日: 米國          TC/60/SC2/WG13(かさ歯車)
2012年3月26日~28日: ドイツ        TC60/WG2(歯車精度)                      ;                   TC60/SC1/WG7(ウォームギヤの規格)

1.4 成形プラスチック歯車部會
^近の自動車、電子機械、家電製品等の各業界では多くの成形プラスチック歯車が使用され、各規格の整備が必要と考えられる。しかしながら成形プラスチックに関する公的規格は殆ど存在せず、規格化が求められている。2008年度に當工業會內に「成形プラスチック歯車部會」(部會長:森脇一郎京都工蕓繊維大學大學院教授)を設置し、従來からこの分野で活躍されている精密工學會の方々と連攜し、「プラスチック円筒歯車の曲げ強さ評価法」のJIS規格制定のJIS原案作成を完成した。   
2. グローバル視野での活動
  2.1 海外視察の実施
    3月11日に発生した東日本大震災に鑑み、第11回世界ギヤサミット會議への海外視察団の派遣実施は急遽、見合わせた?!〗窕丐閑≡被衢L並びに尾上専務理事の2名のみ同會議への出席とした。

3.経営力強化、事業基盤の整備、人材の育成
  経営力強化では大久保歯車工業(株)、㈱寳角ギヤーにおいて合計2回の経営研修會を開催した?!∈聵I基盤整備では戦略的基盤技術高度化支援事業への取組み支援を行ってきたが、 參加者はなかった?!∪瞬撓嗓摔膜い皮掀匠桑玻襯甓趣?、九州大學人材育成事業の「歯車製造コース」を引き継ぎ、JGMAギヤカレッジ「マスターコース」の開校を実施した?!·蓼?、各大學の先生方による「歯車技術基礎講座」への工業會會員企業の參加の支援を行った。

3.1 歯車工業の経営の合理化に関する研究並びに調査
  3.1.1 優良企業での経営研修會実施並びに各種改善活動事例の研修會、
講演會の実施
中日本・西日本各地區持ち回りにて「経営研修會」を開催し、改善活動、原価低減活動、人材開発・人材教育、経営管理等の実例に基づいた研修會・講演會を2回実施した。


第13回経営研修會
     日時?。?2011年10月14日(金) 13:30~18:00
     場所?。?大久保歯車工業㈱(神奈川県)
     テーマ:①コンボコスト競爭力強化活動
         講師: 新村 特彌(大久保歯車工業㈱ 執行役員開発部長)
     參加者: 52名

第14回経営研修會
     日時?。?2012年2月10日(金) 13:45~18:40
     場所?。?㈱寳角ギヤー
     講演 : 野勢 増夫(㈱寳角ギヤー 生産技術部長)
     テーマ:「Made In Japanへの拘り」
     參加者: 58名

3.2 技術伝承事業の実施並びに調査の継続実施
3.2.1 中核人材育成事業への支援
九州大學の「ものづくり工學教育研究センター」が実施する「製造中核人材育成講座」は3ヵ年の準備試行期間を経て、2008年4月1日から自立化を図りスタートした。その中の「歯車製造コース」に於いては、既に各企業の中から技術分野だけでなく、將來の経営幹部として多くの人材育成に成果が出つつある。當工業會では平成23年度からは、この九州大學の「歯車製造コース」の講座を引き継ぎ、JGMAギヤカレッジとして開校を実施した。

3.2.2 技術伝承事業の実施
    高度な技術を要する歯車製造分野において、高齢化とそれに伴う後継者へのバトンタッチの問題でその伝承が難しくなって來ている。 そのため歯車の基礎的技術からの教育・伝承を目的とした講座を開設するとともに各支部の活動を支援した。

3.3  技術関連研修會
    中堅技術者の教育訓練を目的に、日本機械學會と協賛し大學教授より講師を選定、目的に添った演題を設定し、研修會「歯車技術基礎講座」を開催した。

平成22年度歯車技術研修會 「歯車技術基礎講座」
           開催日: 2011年11月17日(木)~18日(金)
          場所?。?東京工業大學すずかけ臺キャンパス すずかけホール 集會室
          講師?。骸【帽廴壬睹蝸壬?BR>          參加者: 46名(工業會會員企業からは34名の參加者)

3.4 展示會の開催 
    2011年度は2011年7月20日(水)~22日(金)の3日間、パワートランスミッシヨン?。牛兀校?011を(社)日本歯車工業會主催で東京ビッグサイトにて開催した?;釂T企業からは合計22社が出展をした

3.5 戦略的基盤技術高度化支援事業への取組
    経済産業省では我が國の経済を牽引していく重要産業分野の競爭力を支えている中小企業が擔う”ものづくり”基盤の技術力を向上させるため、我が國製造業の國際競爭力の強化と新たな事業の創出を目指し、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に資する革新的かつハイリスクな研究開発を促進している。BRICs諸國からの追い上げを受ける日本の歯車工業は技術力を高めることが^も必要なことであり、當歯車工業會より「動力伝達技術」に関する新技術開発の提案等積極的參加を推進し、採択されるよう活動への支援を進めた。

4.工業會事務局活動の充実
工業會會員の生産統計の調査では情報提供の迅速化が図ることが出來、通年での前年度との比較もできるようになった?!∷螄馓澶趣螀f力では中部歯車懇話會と歯車シンポジウムを協賛するなど支部活動の支援を行った?!·蓼?、景気減速の中での経費削減に努力した。

4.1 歯車工業會會員企業における生産統計の充実
   會員企業における歯車関連製品の生産動向並びに需要先別調査を継続して行い、歯車業界における動向を把握し、データ解析の上企業経営の一助として情報提供のスピードアップ化を図った。

4.2?。桑豫末`ルの有効活用
   工業會ホームページの英語版立ち上げにより、海外から會員企業へのアクセスが可能な體制作り、國內外からのアクセス増加に伴うビジネスへの展開が出來るよう充実を図った。併せてホームページ上から統計並びに工業會の運営・活動狀況の広報等、迅速な交流が図られるよう、インターネットの活用強化を行った。

4.3 機関誌の隔月発行と內容の充実
會員及び大學や教育機関など會員外への情報発信を活発化すべく機関誌「JGMA News」を継続して刊行した。時には特集を組んで紙面を充実することを企畫し、2011年度は年間4回発行した。

5.その他
  5.1 支部活動の支援、諸経費の削減
   歯車工業會各支部活動並びに各地域で活躍する懇話會等の活動に、身近な活動として參加し、 情報交換と協調関係を構築し地域並びに業界全體の活性化につなげるため、下記の支部活動を支援しました。
また、諸経費の削減に努力した。

中部歯車懇話會と講演會を協賛
     日時?。?2011年7月19日(金)14:30~15:50
     場所?。?名古屋市工業研究所(名古屋市)
     テーマ:「高周波熱処理の話題とロードマップ」
     講師?。骸「咧懿徨b㈱ 常務取締役 技術本部長 川嵜 一博 氏
     參加者: 34名

中部歯車懇話會と歯車シンポジュームを共催
     日時?。?2011年2月8日(火) 9:50~16:10
     場所?。?名古屋市工業研究所
     講師?。骸|北學院大學 名譽教授 鶴本 勝夫先生他3名の方
     テーマ:「明日につなげる歯車技術の動向」
     參加者: 55名(工業會會員からの參加者は29名)
內容?。?BR>1  磁気歯車の開発と現狀   東北大學名譽教授 鶴本 勝夫 先生
2  副変速機付き新型CVTの開発  ジャトコ㈱ 中川 善朗  様
3  F-1トランスミッションギヤ用 DLCコーティングの開発  ㈱本田技術研究所 棚橋 務 様
4  量産用內歯車研削盤の開発  三菱重工業㈱ 柳瀬 吉言 様
  さらに、會活動の充実の為にはJGMA會員の拡充を図ることが必要となり、會員拡充のため自動車、建設機械等の業界各社に積極的に勧誘活動を展開した結果、2社が入會したが一方、2社が退會した。
?。擔病「鞣N団體保険の増強
  當工業會にて従來から制度化している「団體PL保険」並びに「団體生命保険」を更に有効的に活用して戴くため、同制度を継続し多くの會員企業の方々に參加して戴けるよう活動を進めた。これらの保険は、各企業が個別に加入するよりも、工業會として多くの會員をまとめることにより料率などにおいてスケールメリットが享受できる。
?。擔場∫話閔鐕夥ㄈ摔丐我菩姓J可への対応
  公益法人制度改革にもとづき、2008年12月1日に「一般法人法」が施行された。當工業會は一般社団法人(非営利団體)への移行に向けて検討中である。

  過去にサブプライムローン問題、リーマンショックと続き、平成23年度は、3.11東大日本震災、タイの大洪水、歐州の債務危機問題、歴史的超円高問題等が発生し、未曾有の苦悩を味わった年でありました2008年秋のリーマンショックの影響から徐々に景気は回復傾向へと転換し始めた矢先のことでした。
   政府による種々の経済対策、中小企業対策等が講じられましたが、日本の景気回復は、まだまだ厳しい狀況にあり、先行き不透明感が拭えません。
   一方、當工業界では下記生産統計にある様に足元はしっかりした狀況にあり、影響は少なかった模様であったが今後の影響が心配である。 

當工業會會員統計の2011年1月~12月の暦年の生産高は、歯車単體、歯車裝置及び歯車製品外の合計が2,956億円(対前年比105.4%)であった?!n車単體は1,004億円(同比109.9%)、歯車裝置との合計では2,705億円(同比106.5%)と増加に転じた。
   需要先別では、1位が自動車産業向けで1,395億円(対前年比129.0%)、2位が産業機械向けで485億円(同比107.1%)、3位が建設機械向けで233億円(同比152.5%)、4位が農業機械向けで151億円(同比89.6%)、5位が工作機械向けで105億円(同比149.0%)、6位が家電・OA機器・情報機器向けで56億円(同比64.9%)となり、農業機械及び家電・OA機器・情報機器向けを除いて、全産業において前年よりの回復となった。

  また、経済産業省機械統計並びに財務省貿易月報による2011年暦年の歯車関連の生産動向を見る
   と以下のとおりとなっている。
   * 生産高 
  2011年1月~12月暦年の実績は歯車単體及び歯車裝置の合計では対前年比112.6%の3,497億円と
   前年実績を上回った。
* 輸出
   2011年暦年の輸出実績は、歯車単體及び歯車裝置の合計は1,517億円(同比108.4%) であった。 歯
   車単體では米國向けが^大の輸出國となり中國、インドネシアと続いている。、歯車裝置では中國が
   ^大輸出國であり、ドイツ・米國と続いている。
* 輸入
  2011年暦年の輸入実績は、歯車及び歯車裝置の合計が441億円(同比126.5%)であった。
   全體として中國からの輸入比率が増えている。
 
日本歯車工業會で2011年度の活動として実施した主要な事業の概要は以下のとおりである。

1. 規格化、標準化活動
   JGMA歯車規格委員會(委員長:林 輝 東京工業大學名譽教授)では「かさ歯車の曲げ強さ計算式」のJGMA規格を完成させた。ISO/JIS審議委員會第1分科會(委員長:加籐昭悟 摂南大學教授)では「歯車測定機の評価方法 第1部」のJIS規格制定に向けてJSA並びにJISCでの審議に対応した。歯車計測部會では「歯車測定機の評価法 第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定」並びに「歯車測定機の評価方法 第4部:球基準器を用いたピッチ測定」夫々のJIS原案を作成完了した。ISO/JIS審議委員會第2分科會(委員長:森脇一郎 京都工蕓繊維大學大學院教授)はJIS B0121: 99「歯車記號―幾何學データの記號」の現存JIS規格の改定に関するJIS原案作成活動を完了した。

1.1 歯車工業會団體規格(JGMA)の改訂・制定
   規格・標準化活動を計畫的、継続的に実施することは我々JGMAの大きな社會的使命である。
    歯車規格委員會は、2009年4月に修正した「規格作りの中期活動計畫」を実行に移している?!袱禋n車の曲げ強さ計算式」のJGMA規格について完成し、平成24年度にJGMA規格として制定する。
    林輝東工大名譽教授がJGMA歯車規格委員長として中心となりこれらの活動に取り組んだ。

1.2 日本工業規格(JIS)の改定・制定への審査、原案作成
    「歯車測定機の校正原器並びにその原器に基づく校正方法の研究」
    1) ISO/JIS審議委員會第1分科會「JIS原案作成委員會」
ISO 18653のJIS化に向けて、ISO/JIS審議委員會第1分科會に「歯車測定機評価方法 JIS原案作成委員會」を設置し、「歯車測定機評価方法 第1部:歯車基準器を用いる方法」のJIS原案を完成した?!∑匠?3年度中にはJISC(日本工業標準調査會)の審議を経てJIS B1751-1(2011) 規格として制定した。
    2) 歯車計測部會
     ① 歯車測定機の受入検査及び定期検査」JIS原案も完成し、平成21年度に(獨)産業技術総合研究
         所へ提出した果、同研究所からJISCへ規格制定への手続き中である。
     ② 「歯車測定機の評価法-第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定」のJIS原案作成を完成させた      ③ 「歯車測定機の評価法―第4部:球基準器を用いたピッチ測定」のJIS原案作成を完成させた。
    3)ISO/JIS審議委員會第2分科會「JIS原案作成委員會」
   現存のJIS規格見直しに向けて同委員會で下記規格の改定審議を行い、JIS規格原案を作成完了し      平成24年2月末に(財)日本規格協會ヘ同原案を提出した。
   今後、日本工業標準調査會の審議を経てJIS規格として改定される予定である。
               ・JIS B 0121 歯車記號‐幾何學的データの記號
      

1.3 國際標準化「ISO/TC60(歯車)國際規格」への対応
    歯車及び歯車裝置関係の國際規格の制定・改正にあたっては、當歯車工業會が日本を代表する^の機関として経済産業省産業技術環境局より委託を受け、委員を國際會議に派遣している。
    國際規格に関しては、その原案作成の段階から積極的に參畫し日本の意見を反映することが、日本の歯車製造業者及び歯車使用者等歯車関係に攜わる者にメリットをもたらす事となり、日本の國益に寄與するものである。
    そのため、ISO/JIS審議委員會(委員長:森脇一郎京都工蕓繊維大學大學院教授)が中心となり、大學教授・學識経験者、業界の委員を國內外のISO會議へ派遣し、國際規格制定・改正に関する審議に參畫し、國益を損なうことのない規格作りと國際協調に努めた

2011年度 ISO/TC60(歯車)専門委員會の下記國際會議に委員を派遣した?!?BR>2011年3月30日~4月3日: イタリア TC/60/SC2/WG6(歯車強度計算法) 
                                                  TC/60/SC2/WG15 (マイクロピッチング)
2011年4月6日~10日:    ベルギー TC60/SC2/WG14(材料の強度と品質)
2011年4月3日~7日:        ドイツ     TC/60/SC2/WG13(かさ歯車)
2011年5月15日~19日:     フランス  TC60/WG2(歯車精度)
2011年11月1日~6日: 米國          TC/60/SC2/WG6(歯車強度計算法)
                                                  TC/60/SC2/WG15 (マイクロピッチング)                                                   TC60本會議
2011年11月30日~12月4日: フランスTC60/SC2/WG14(材料の強度と品質)
2012年2月21日~25日: 米國          TC/60/SC2/WG13(かさ歯車)
2012年3月26日~28日: ドイツ        TC60/WG2(歯車精度)                      ;                   TC60/SC1/WG7(ウォームギヤの規格)

1.4 成形プラスチック歯車部會
^近の自動車、電子機械、家電製品等の各業界では多くの成形プラスチック歯車が使用され、各規格の整備が必要と考えられる。しかしながら成形プラスチックに関する公的規格は殆ど存在せず、規格化が求められている。2008年度に當工業會內に「成形プラスチック歯車部會」(部會長:森脇一郎京都工蕓繊維大學大學院教授)を設置し、従來からこの分野で活躍されている精密工學會の方々と連攜し、「プラスチック円筒歯車の曲げ強さ評価法」のJIS規格制定のJIS原案作成を完成した。   
2. グローバル視野での活動
  2.1 海外視察の実施
    3月11日に発生した東日本大震災に鑑み、第11回世界ギヤサミット會議への海外視察団の派遣実施は急遽、見合わせた?!〗窕丐閑≡被衢L並びに尾上専務理事の2名のみ同會議への出席とした。

3.経営力強化、事業基盤の整備、人材の育成
  経営力強化では大久保歯車工業(株)、㈱寳角ギヤーにおいて合計2回の経営研修會を開催した?!∈聵I基盤整備では戦略的基盤技術高度化支援事業への取組み支援を行ってきたが、 參加者はなかった?!∪瞬撓嗓摔膜い皮掀匠桑玻襯甓趣?、九州大學人材育成事業の「歯車製造コース」を引き継ぎ、JGMAギヤカレッジ「マスターコース」の開校を実施した?!·蓼?、各大學の先生方による「歯車技術基礎講座」への工業會會員企業の參加の支援を行った。

3.1 歯車工業の経営の合理化に関する研究並びに調査
  3.1.1 優良企業での経営研修會実施並びに各種改善活動事例の研修會、
講演會の実施
中日本・西日本各地區持ち回りにて「経営研修會」を開催し、改善活動、原価低減活動、人材開発・人材教育、経営管理等の実例に基づいた研修會・講演會を2回実施した。


第13回経営研修會
     日時?。?2011年10月14日(金) 13:30~18:00
     場所?。?大久保歯車工業㈱(神奈川県)
     テーマ:①コンボコスト競爭力強化活動
         講師: 新村 特彌(大久保歯車工業㈱ 執行役員開発部長)
     參加者: 52名

第14回経営研修會
     日時?。?2012年2月10日(金) 13:45~18:40
     場所?。?㈱寳角ギヤー
     講演 : 野勢 増夫(㈱寳角ギヤー 生産技術部長)
     テーマ:「Made In Japanへの拘り」
     參加者: 58名

3.2 技術伝承事業の実施並びに調査の継続実施
3.2.1 中核人材育成事業への支援
九州大學の「ものづくり工學教育研究センター」が実施する「製造中核人材育成講座」は3ヵ年の準備試行期間を経て、2008年4月1日から自立化を図りスタートした。その中の「歯車製造コース」に於いては、既に各企業の中から技術分野だけでなく、將來の経営幹部として多くの人材育成に成果が出つつある。當工業會では平成23年度からは、この九州大學の「歯車製造コース」の講座を引き継ぎ、JGMAギヤカレッジとして開校を実施した。

3.2.2 技術伝承事業の実施
    高度な技術を要する歯車製造分野において、高齢化とそれに伴う後継者へのバトンタッチの問題でその伝承が難しくなって來ている。 そのため歯車の基礎的技術からの教育・伝承を目的とした講座を開設するとともに各支部の活動を支援した。

3.3  技術関連研修會
    中堅技術者の教育訓練を目的に、日本機械學會と協賛し大學教授より講師を選定、目的に添った演題を設定し、研修會「歯車技術基礎講座」を開催した。

平成22年度歯車技術研修會 「歯車技術基礎講座」
           開催日: 2011年11月17日(木)~18日(金)
          場所?。?東京工業大學すずかけ臺キャンパス すずかけホール 集會室
          講師?。骸【帽廴壬睹蝸壬?BR>          參加者: 46名(工業會會員企業からは34名の參加者)

3.4 展示會の開催 
    2011年度は2011年7月20日(水)~22日(金)の3日間、パワートランスミッシヨン?。牛兀校?011を(社)日本歯車工業會主催で東京ビッグサイトにて開催した?;釂T企業からは合計22社が出展をした

3.5 戦略的基盤技術高度化支援事業への取組
    経済産業省では我が國の経済を牽引していく重要産業分野の競爭力を支えている中小企業が擔う”ものづくり”基盤の技術力を向上させるため、我が國製造業の國際競爭力の強化と新たな事業の創出を目指し、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に資する革新的かつハイリスクな研究開発を促進している。BRICs諸國からの追い上げを受ける日本の歯車工業は技術力を高めることが^も必要なことであり、當歯車工業會より「動力伝達技術」に関する新技術開発の提案等積極的參加を推進し、採択されるよう活動への支援を進めた。

4.工業會事務局活動の充実
工業會會員の生産統計の調査では情報提供の迅速化が図ることが出來、通年での前年度との比較もできるようになった?!∷螄馓澶趣螀f力では中部歯車懇話會と歯車シンポジウムを協賛するなど支部活動の支援を行った?!·蓼?、景気減速の中での経費削減に努力した。

4.1 歯車工業會會員企業における生産統計の充実
   會員企業における歯車関連製品の生産動向並びに需要先別調査を継続して行い、歯車業界における動向を把握し、データ解析の上企業経営の一助として情報提供のスピードアップ化を図った。

4.2?。桑豫末`ルの有効活用
   工業會ホームページの英語版立ち上げにより、海外から會員企業へのアクセスが可能な體制作り、國內外からのアクセス増加に伴うビジネスへの展開が出來るよう充実を図った。併せてホームページ上から統計並びに工業會の運営・活動狀況の広報等、迅速な交流が図られるよう、インターネットの活用強化を行った。

4.3 機関誌の隔月発行と內容の充実
會員及び大學や教育機関など會員外への情報発信を活発化すべく機関誌「JGMA News」を継続して刊行した。時には特集を組んで紙面を充実することを企畫し、2011年度は年間4回発行した。

5.その他
  5.1 支部活動の支援、諸経費の削減
   歯車工業會各支部活動並びに各地域で活躍する懇話會等の活動に、身近な活動として參加し、 情報交換と協調関係を構築し地域並びに業界全體の活性化につなげるため、下記の支部活動を支援しました。
また、諸経費の削減に努力した。

中部歯車懇話會と講演會を協賛
     日時?。?2011年7月19日(金)14:30~15:50
     場所?。?名古屋市工業研究所(名古屋市)
     テーマ:「高周波熱処理の話題とロードマップ」
     講師?。骸「咧懿徨b㈱ 常務取締役 技術本部長 川嵜 一博 氏
     參加者: 34名

中部歯車懇話會と歯車シンポジュームを共催
     日時?。?2011年2月8日(火) 9:50~16:10
     場所?。?名古屋市工業研究所
     講師?。骸|北學院大學 名譽教授 鶴本 勝夫先生他3名の方
     テーマ:「明日につなげる歯車技術の動向」
     參加者: 55名(工業會會員からの參加者は29名)
內容?。?BR>1  磁気歯車の開発と現狀   東北大學名譽教授 鶴本 勝夫 先生
2  副変速機付き新型CVTの開発  ジャトコ㈱ 中川 善朗  様
3  F-1トランスミッションギヤ用 DLCコーティングの開発  ㈱本田技術研究所 棚橋 務 様
4  量産用內歯車研削盤の開発  三菱重工業㈱ 柳瀬 吉言 様
  さらに、會活動の充実の為にはJGMA會員の拡充を図ることが必要となり、會員拡充のため自動車、建設機械等の業界各社に積極的に勧誘活動を展開した結果、2社が入會したが一方、2社が退會した。
?。擔病「鞣N団體保険の増強
  當工業會にて従來から制度化している「団體PL保険」並びに「団體生命保険」を更に有効的に活用して戴くため、同制度を継続し多くの會員企業の方々に參加して戴けるよう活動を進めた。これらの保険は、各企業が個別に加入するよりも、工業會として多くの會員をまとめることにより料率などにおいてスケールメリットが享受できる。
?。擔場∫話閔鐕夥ㄈ摔丐我菩姓J可への対応
  公益法人制度改革にもとづき、2008年12月1日に「一般法人法」が施行された。當工業會は一般社団法人(非営利団體)への移行に向けて検討中である。

正文結束!


天勛機械主營:小模數齒輪,螺旋傘齒輪,傘齒輪,弧齒錐齒輪,螺旋錐齒輪,園林工具齒輪,縫紉機齒輪,割草機齒輪!
相關文章
相關產品
  • TX1-001
    TX1-001
  • TX1-002
    TX1-002
  • TX1-003
    TX1-003
  • TX1-004
    TX1-004
  • TX1-005
    TX1-005
  • TX1-006
    TX1-006
  • TX1-007
    TX1-007
  • TX1-008
    TX1-008
Top